決まった形式はない

突き詰めて言うと、結婚式というものに、何か決まった形式があるわけではないのです。絶対にこれでなければならない、ということはなく、大切なのは、結婚する両人が新たな家庭を築いていく決意をこれまでお世話になった両親や家族に示し、新たな出発を心から祝うことこそが本質です。教会で二人だけであげるのも、神社で神式であげるのも、海外であげるのも、どのような方法も心がこもっていて、家族が喜びを分かち合い、新たな人生の出発を祝うことができればよいのではないでしょうか。

その意味で、特に実家暮らしが長い地方に住んでいる方にとっては、住み慣れた実家はとても大切な場所です。葬儀や法事の時だけじゃなく、結婚式という大切な儀式を実家を舞台に執り行うことは、本来の姿であり自然なことといえるかもしれません。実家に住まう家族に見送られ、家を出て、旦那さんの実家に嫁入りするという形で結婚式を行える人はとても幸せです。家族や親せきに見送られ、町の中を歩き、旦那さんの実家に向かうというのもありですし、事情によっては旦那さんの家族を招いてお嫁さんの実家で行うというのもありでしょう。新しい家族の誕生を温かくお祝いできればよいのです。