実家を結婚式場に

結婚式は人生の中で、とても大きく大事なイベントです。結婚する二人のためだけでなく、二人の家族、家同士の結びつきという面もあります。古来より、結婚とは、家族親戚に近所を巻き込んだ、それはそれは大きなイベントでした。今日では、結婚式をチャペルであげて、披露宴をホテルやレストランで行い、多くの方を招いてご披露するスタイルが一般的です。結婚式を昔ながらのスタイルで神式の流儀にのっとって行い、場所を変えて披露宴をホテルやレストランで行う場合もあるようです。

少子高齢化の折、結婚式場で結婚式を挙げるカップルの総数も年々減っている中で、ブライダル業界は花盛りで、ウエディング・プランナーと呼ばれる専門家がコーディネートして、全体をプロデュースし、二人の思い出のビデオを作ったり、お気に入りの音楽を編集したりといった、心温まる披露宴が定着してきた感があります。バブルのころはゴンドラに乗って二人が上から降りてくる、といったびっくりするような演出も珍しくなかったようですが、今日では、気持ちがこもっていること、招待客に心地よい空間を演出したウェディングであること、二人のエピソードをわかりやすく、ビデオなどを作って伝えることなどが当たり前の形式になっているといってもよいでしょう。

しかしその一方で、特に地方において、本当に昔の「嫁入り」のスタイルで行う事例も少しずつですが増えているという話を聞きます。結婚式場ではなく、お嫁さんの実家で嫁入り支度をして、そこから旦那さんになる方の実家に赴くというスタイルです。