実家で結婚式を行いたいと思ったら

このような話を聞いて、実家での結婚式を行いたいと思ったら、どうすればよいでしょうか。自分たちだけですべて手作りで行うことも可能ですが、いっそのこと、そういうスタイルで行うことについても、結婚式業者のウェディングプランナーに相談してみてはどうでしょうか。手作りの結婚式に決まったスタイルはありません。チャレンジングかもしれませんが、きっと喜んで引き受けてくれることでしょう。演出や進行はプロに任せた方が安心して進められます。

それに、お互いの家族や親類や大切な人たちに喜んでもらい、感謝の気持ちを示すこと、両家の結びつきを確認することを本質とするのならば、形式やスタイルにとらわれる必要はないでしょう。お嫁さんの実家と旦那さんの実家両方で二度、行うことだって可能です。

内容は豪華である必要はなく、シンプルであっても構わないのです。両家の関係者が来やすい場所で、それぞれの実家で、大事な人たちを招いて簡単な宴席を設けるもよし、花嫁花婿姿でそれぞれの家族と写真を撮るだけもよし。神主さんにそれぞれの実家に来てもらうもよし。昔ながらのやり方も参考にしつつ、それぞれの育った実家で大切な人生の門出を祝う儀式を行う方が、本当は結婚の趣旨にかなうのかもしれません。

決まった形式はない

突き詰めて言うと、結婚式というものに、何か決まった形式があるわけではないのです。絶対にこれでなければならない、ということはなく、大切なのは、結婚する両人が新たな家庭を築いていく決意をこれまでお世話になった両親や家族に示し、新たな出発を心から祝うことこそが本質です。教会で二人だけであげるのも、神社で神式であげるのも、海外であげるのも、どのような方法も心がこもっていて、家族が喜びを分かち合い、新たな人生の出発を祝うことができればよいのではないでしょうか。

その意味で、特に実家暮らしが長い地方に住んでいる方にとっては、住み慣れた実家はとても大切な場所です。葬儀や法事の時だけじゃなく、結婚式という大切な儀式を実家を舞台に執り行うことは、本来の姿であり自然なことといえるかもしれません。実家に住まう家族に見送られ、家を出て、旦那さんの実家に嫁入りするという形で結婚式を行える人はとても幸せです。家族や親せきに見送られ、町の中を歩き、旦那さんの実家に向かうというのもありですし、事情によっては旦那さんの家族を招いてお嫁さんの実家で行うというのもありでしょう。新しい家族の誕生を温かくお祝いできればよいのです。

実家を結婚式場に

結婚式は人生の中で、とても大きく大事なイベントです。結婚する二人のためだけでなく、二人の家族、家同士の結びつきという面もあります。古来より、結婚とは、家族親戚に近所を巻き込んだ、それはそれは大きなイベントでした。今日では、結婚式をチャペルであげて、披露宴をホテルやレストランで行い、多くの方を招いてご披露するスタイルが一般的です。結婚式を昔ながらのスタイルで神式の流儀にのっとって行い、場所を変えて披露宴をホテルやレストランで行う場合もあるようです。

少子高齢化の折、結婚式場で結婚式を挙げるカップルの総数も年々減っている中で、ブライダル業界は花盛りで、ウエディング・プランナーと呼ばれる専門家がコーディネートして、全体をプロデュースし、二人の思い出のビデオを作ったり、お気に入りの音楽を編集したりといった、心温まる披露宴が定着してきた感があります。バブルのころはゴンドラに乗って二人が上から降りてくる、といったびっくりするような演出も珍しくなかったようですが、今日では、気持ちがこもっていること、招待客に心地よい空間を演出したウェディングであること、二人のエピソードをわかりやすく、ビデオなどを作って伝えることなどが当たり前の形式になっているといってもよいでしょう。

しかしその一方で、特に地方において、本当に昔の「嫁入り」のスタイルで行う事例も少しずつですが増えているという話を聞きます。結婚式場ではなく、お嫁さんの実家で嫁入り支度をして、そこから旦那さんになる方の実家に赴くというスタイルです。